ブログがうまく書けない原因を解決する3つの考え方|書ける人はうまく書こうなんて思ってない

ブログの記事がうまく書けない原因一覧

ブログをもっといいものにしたい!変な文章を読まれたくない!

という気持ち,よくわかります。

私もいろんなことを考えすぎて,記事が全然書けなくなってしまったことがありました。

書けなくなった原因は「うまく書かなきゃ」と思っていたことです。

「うまく書こう」と考えるのをやめたら,また記事が書けるようになりました。

うまく書こうとしてしまう人は,目の前の記事に集中しすぎて「読者」の存在を忘れているかもしれません。

そんなときに思い出したい3つの考え方があります。

記事を書くときにこの3つを意識すると,「うまく書こう」とは思わなくなりますよ^^

ブログの記事を書くときに意識したい3つの考え方

ブログがうまく書けているかどうかは読者が判断するもの

記事を書いていると、自分がうまく書けたかどうかを気にしてしまいますが、

記事がうまく書けているかどうかを判断するのはいつだって「読者」

これを忘れたらだめです。

あなたが記事を読んでほしいのは、文章の達人じゃなくて、ひとりの読者です。

読者が「読みやすい」「わかりやすい」と感じてくれたらOKなんです。

「うまく書かなきゃ…!」と思うと、相手の立場を忘れがちになってしまうので気をつけたいですね!

伝えたいことが読者にストレートに伝わるのがうまい文章

うまく書けている文章とは?

あなたは誰かの記事を読んだとき、こんなふうに思ったことはありませんか?

  • 結局何がいいたかったんだろう?
  • なんとか理解したけど時間がかかったなー
  • まわりくどいなー

読者にこう思わせてしまう文章は「うまい文章」とは言えません。

伝えたいことが読者にストレートに伝わる文章が「うまい文章」なんです。

むずかしい言い回しをせず、友達に話すように書く

友達に話すように書くといい文章が書ける

相手に伝わるように書こうとすると,つい説明文みたいな文章になってしまうことありませんか?

ブログで何かを伝えるときは,友達に話すときのように簡単な言葉を選んだほうが相手の心に届きます。

例えば、今使ってるお気に入りのベビーカーのことを「絶対に買ったほうがいい!」と友達に伝えるとしたら、こんなふうに紹介できます。

このベビーカーね、タイヤが大きいから段差があっても押しやすいの。
振動が少ないから赤ちゃんが寝てても安心なんだよー!

折り畳むとこんなにコンパクトになるから、
うちみたいに賃貸の狭い玄関でも場所取らないんだ〜!

値段はこのくらい!
実際に他のベビーカーと比べてみたけど一番いいのはこれだったよ!!
本気でおすすめする!

きっと出産を控えているお友達なら,すでに子育てをしていて信頼しているあなたからの情報に興味をもってくれます。

「このベビーカーは走行性抜群なんです!」なんて友達に言わないですよね。

そんな書き方をしても良さは伝わらないし,買いたくもならないと思います。

相手に想いが伝わることを「うまく書けた」とするならば,友達に話をするように書くのがおすすめです。

それでもうまく書けないのは、文章の勉強不足

ブログを運営するなら文章の勉強は必須です

うまく書こうとしなくてもいいんだと気持ちの面では理解できても,手がすすまないのは技術の問題です。

文章の書き方の勉強が足りていないということ。

収入を得るためのブログを作っている人は、このくらいのことはいつもやっているのでサラッと答えられるはずです。

  • キーワード選定のやり方
  • 記事を書く前にするべき準備
  • 記事の基本的な構成
  • 記事を書く手順
  • 書いた後にチェックすること

私はこういう基本的なことが全部わからない状態で自己流で記事を書いていました。

今さらと思いつつも基本を勉強し直したら,前よりもすらすら記事が書けるようになったんですよね。

基本って甘く見がちだけど,ちゃんと勉強する必要があるんだなと強く思いました。

文章を書くのが仕事の人もいます。

なんの知識もない状態で「ブログで稼ぎたい」というのは無謀な挑戦ともいえますね。

まれに,勉強しなくても記事がすらすら書けて,お金をたくさん稼げる天才もいるみたいですが…。

ほとんどの人は記事の書き方を勉強し,コツコツ記事を書き続けているというのが現実です。

あなたは、記事を書くときの基本をしっかり勉強しましたか?

うまく書けないのは、基礎の勉強が足りていないのかもしれませんよ。

まとめ

ブログがうまく書けない悩みは解決できるよ

うまい文章とは,相手にわかりやすく伝わる文章のこと。

うまく書こうと思わず,相手に想いを伝えることだけ考えていきましょう^^

文法・書き方が多少おかしくても,伝えたい気持ちが強い記事は相手に伝わるものです♪

そもそも文章がすらすら書けないんだ…という人は基礎を勉強しましょう!

\基礎の大切さはこれをよむとわかります/

【図解つき】ライティング用語の違いを解説。文章の勉強をする「前」に知っておくべき基本の知識